FC2ブログ

埼玉中央漁業協同組合がウグイの人口産卵床を設置


水温が14度に上昇してきた寄居町荒川の浅瀬で今年もウグイの産卵床(マヤ床)が造成されました。

ウグイは川底のきれいな小石に産卵するため、直径3m深さ1mの穴を重機を使用して掘り、そこに乾いた砕石を敷き詰めるとウグイが集まる人口産卵床となります。

まもなく、ウグイの産卵が始まり、卵は3週間程度で孵化します。

昔は人口産卵床を作り始めると、ウグイが集まり始めるくらい魚影が濃かったと組合員の方は話していました。



マヤ遠景(300x222) マヤ重機(300x224)
マヤ説明1



マヤ手掘り(300x225) マヤ囲い(300x225)
マヤ説明2


漁連2




スポンサーサイト



テーマ : 釣り・フィッシング
ジャンル : スポーツ

プロフィール

埼玉県漁業協同組合連合会

Author:埼玉県漁業協同組合連合会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR