FC2ブログ

今年の入間川のアユ釣り -入間漁業協同組合理事会から-


 入間漁業協同組合(古島組合長)では、7月7日(火)飯能市林業センターで役員会を開催。

 同役員会は、新型コロナウィルスの影響で開催を見合わせていたが、自粛明けのこの日、改選された理事18名(1名欠席)、監事3名が集い、今年の事業実施状況を報告した。


AAIMG_2356(1) (600x423)


 今年は、ニジマス釣り大会等のすべての行事は中止となったが、放流事業は予定通りに実施。

 アユ約1,400Kg、ヤマメ210Kg、ワカサギ卵400万粒、ドジョウ21Kg、ナマズ2,000尾のほか、コイの産卵場造成などが報告された。

 また、6月1日のアユの解禁は、釣り人の数や釣果は良好だったと報告。

 名栗地区では、昨年の台風で、堺橋から下流の河床は良好になり、釣り人約50人、釣果15~40尾/人と好調。

 原市場地区では、午後から約30人と増え、釣果40尾の釣り人が入った。駐車場の確保が課題。

 飯能地区では、矢颪堰下流で12人、釣果20~40尾/人。八高線鉄橋からアイワ橋周辺も良好で、解禁後1週間は釣果が続き、昨年よりはるかに好調だ。


ABDSCF3130(2) (600x425)


 「7月7日現在の入間川は、梅雨前線の降雨と有馬ダムの放水により、笹濁りの増水状態で釣果は期待できないが、ダムの放水が通常に戻り、天候が落ち着けば、釣果が期待できそうだ。」と役員は語った。





       〜ごみは持ち帰りましょう・迷惑駐車はやめましょう 〜 
                埼玉県漁業協同組合連合会
                電話 0480-53-4211




スポンサーサイト



プロフィール

埼玉県漁業協同組合連合会

Author:埼玉県漁業協同組合連合会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR