FC2ブログ

外来魚駆除の技術講習会実施  -バススキルアップ事業-


 県漁連では、漁協組合員を対象に、外来魚の駆除技術の講習会を開催した(5月13日、15日、18日)。

 参加者は、地元3漁協の組合員21名で、県の水産研究所の担当者による「コクチバスの産卵生態」を座学で学んだ後、産卵床に産み付けられた卵の駆除作業の実技講習を受けた。

 コクチバスの産卵は、水温が15℃以上になる4月下旬から5月上旬で、水深0.6~1.0m、大きめの砂利(4~6cm)のある流速0.1m/sec以下の流れの緩やかな瀬の場所に見られる。

 13日(水)は、寄居町地先の荒川で行い、水温は16.8℃、流量は多く、船を用いて、産卵床を探した。

 産卵床を見つけることができなかったが、卵の駆除に方法等について、実習ができた。


DSCF3052(1) (300x212) DSCF3057(2) (300x212)


 15日(金)は、小川町地先の兜川で行い、水温は19.5℃、流量は少なく、産卵床跡は水深40~70cmで見つかり、卵の駆除の実習ができた。

 小さな河川でも、外来魚の繁殖は深刻だ。



DSCF3063(3) (300x212) DSCF3079(4) (300x212)



 18日(月)は、飯能市地先の入間川で行った。水温は19.0℃、流量は多く、河床は淵が少なかった。

 産卵床跡と思われる場所があり、卵の駆除の実習ができた。



DSCF3114 - コピー(5) (300x213) DSCF3122 - コピー(6) (300x211)



 昨年の台風による影響が大きく、河床の形や河道の変化は、魚類の生息にどれくらい影響を与えているのか心配だ。




       〜ごみは持ち帰りましょう・迷惑駐車はやめましょう 〜 
                埼玉県漁業協同組合連合会
                電話 0480-53-4211


スポンサーサイト



プロフィール

埼玉県漁業協同組合連合会

Author:埼玉県漁業協同組合連合会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR