FC2ブログ

荒川の遡上アユの”くみ上げ放流”始まる


 4月11日(土)、埼玉県漁業協同組合連合会では、今年も東京湾から荒川を遡上する稚アユを採捕し、上流へ放流する「くみ上げ放流」を開始した。

 この取り組みは、天然遡上する稚アユを中上流で有効利用するために始まったもの。

 実際は、地元の埼玉南部漁業協同組合の組合員が、秋ヶ瀬取水堰下流に定置網を仕掛け、遡上稚アユを採捕し、戸田市地先の水揚げ場まで船で運び、県内の漁業協同組合が引き取って、荒川水系の中上河川へ放流する取り組みである。

 この日、採捕された稚アユは約2g、約7,000尾で、初荷は、午前7時に埼玉西武漁業協同組合の活魚車のタンクに収容・運ばれて、待ちわびた漁業協同組合員が坂戸市、飯能市等の高麗川水系へ放流した。

 稚アユの採捕は、5月頃まで行われる。昨年の稚鮎放流は、遡上が少なく、くみ上げ放流ができなかった。採捕を担当する埼玉南部漁業協同組合の江口組合長は、「今年は、3月は天候が荒れて遡上も心配されたが、4月に入り、潮目に合わせて群れが遡上してきた。

 十分期待できそうだ。」と漏らしていた。今年の県内のアユ釣りに期待したい。




01 稚鮎の採捕 (300x212) 02 定置網に入った稚アユ (300x212)
           稚鮎の採捕             定置網に入った稚アユ



03 出荷する稚アユを計量する (300x212) 04 稚アユの輸送(高麗川水系へ放流) (300x213)
    出荷する稚アユを計量する       稚アユの輸送(高麗川水系へ放流)




       〜ごみは持ち帰りましょう・迷惑駐車はやめましょう 〜 
                埼玉県漁業協同組合連合会
                電話 0480-53-4211




スポンサーサイト



プロフィール

埼玉県漁業協同組合連合会

Author:埼玉県漁業協同組合連合会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR