FC2ブログ

埼玉西部漁業協同組合が生物のモニタリング調査を行う


 11月30日(日)に、高麗川流域地区活動組織(埼玉西部漁業協同組合が主体)が高麗川に設置した魚類の生息環境改善用の石倉籠について、生物のモニタリング調査を行いました。

 石倉は平成29年11月13日に水産多面的機能発揮対策事業で設置されたもので、3回目のモニタリング調査になります。

 10基設置された石倉籠のうち3基にはモニタリングに備えて、石倉籠を細かい網で下から覆えるように設定されています。

  前回の平成30年11月4日に行った調査では、石倉3基の合計でタモロコ96尾、アブラハヤ15尾、ジュズカケハゼ4尾、カジカ7尾、ギバチ43尾、県内絶滅危惧ⅠB類のスナヤツメ3尾が確認され、サワガニ、スジエビ、その他エビ類、アメリカザリガニやヘビトンボとヤゴが確認されました。

 しかし、今回は、引き続いた増水の影響ですべての石倉が砂で覆われており、石倉内に隙間が無い状態になっていました。
このため、捕獲された生物はシマドジョウ1尾、ギバチ1尾、サワガニ3尾、スジエビ1尾、エビ類1尾、ヤゴ1尾でした。

 捕獲生物の少ないことは、石倉をあげる際にモニタリング用の網で覆うことができ無かったこともありますが、石倉が目詰まりを起こし生物が住める環境になかったためと考えられます。

 いつもでしたら、石倉内にいる生物を保護するため、モニタリング用石倉以外は動かさないのですが、今回はすべての石倉を取り上げ、目詰まりした砂を洗い流してから、再設置しました。

 まだ、これからも水温が低下しますので、新たに魚たちの隠れ場として利用してくれたらと思いました。

 なお、この活動は、水産庁予算である平成31年度水産多面的機能発揮対策事業の助成を受け漁業協同組合と地域住民等が協力して実施しています。




CF2458 (300x212) CF2476 (300x212)



CF2484 (300x212) CF2442 (300x193)



       〜ごみは持ち帰りましょう・迷惑駐車はやめましょう 〜 
                埼玉県漁業協同組合連合会
                電話 0480-53-4211



スポンサーサイト



プロフィール

埼玉県漁業協同組合連合会

Author:埼玉県漁業協同組合連合会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR