FC2ブログ

高麗川流域地区活動組織が小学生を対象に水生昆虫のモニタリングとドジョウの体験放流を行う


 6月19日(水)に高麗川流域地区活動組織(埼玉西部漁業協同組合が主体)が、日高市の武蔵台小学校の5年生(42名)を対象に、高麗川の祥雲橋で水生昆虫のモニタリングとドジョウの体験放流を学習しました。

 まず初めに、埼玉西部漁協の中沢組合長から高麗川と生活のかかわりの話がありました。

 ついで、水産研究所の山田技師から、世界の中で川の水や生き物がどんな状況に置かれているのか、そして川の環境と高麗川にすむ魚について話がありました。

 水産多面的機能発揮対策協議会(県漁連主体)からは、川耕しを行う意義や水生昆虫とモニタリングと方法について説明しました。

 その後、班ごとに分かれて、細かな網目の大きな網で石の下に隠れた水生昆虫などを捕まえ種類を勉強しましたが、カジカやヘビトンボなど普段見られない生物を直接捕まえることができ、歓声が上がっていました。

 生徒によるドジョウの体験放流では、なかなかつかみ難いドジョウですが、両手を合わせてすくい取るなど、すぐに上手になりました。

 この活動は、水産庁予算である水産多面的機能発揮対策事業の助成を主に日高市の予算補助も受けて実施しています。

 漁業協同組合と地域住民等が協力して河川湖沼の環境を守り、魚類を増やすことにより豊かな川づくりを目指しています。



ASCF2198 (300x212) ASCF2207 (300x212)



ASCF2210 (300x212) ASCF2218 (300x212)




       〜ごみは持ち帰りましょう・迷惑駐車はやめましょう 〜 
                埼玉県漁業協同組合連合会
                電話 0480-53-4211



スポンサーサイト



プロフィール

埼玉県漁業協同組合連合会

Author:埼玉県漁業協同組合連合会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR