FC2ブログ

秩父漁業協同組合でアユの特別解禁調査が始まる


 5月11日(土)に秩父漁業協同組合でアユの特別解禁調査が始まりました。

 一般に、アユの解禁は6月1日からが多いのですが、これは天然に遡上するアユの資源保護の観点からとされています。

 しかし、荒川の上流域に位置する秩父漁業協同組合の管内は、中流にある玉淀ダム(寄居町)で上流と下流は完全に分断されており、アユの天然そ上は見られません。

 そこで、完全に放流アユに依存する水域での、新たなアユ資源の保全と有効利用を目的として、解禁日の早期化が考えられています。

 このための事前調査が、今回の特別解禁調査です。

 調査は、アユ漁業として一般的な友釣りで行われて、調査者は事前に申し込みと登録が必要です。また、釣果は調査者ごとに尾数と体型を測定し記録します。

 この記録を積み重ね、早期解禁が資源保全に支障がなく、有効利用されているという結果が得られれば、今後一般解禁を速める計画です。

 当初、3年で計画されていた特別解禁調査ですが、今年で4年目になります。

 河川状況の変化やカワウによる被害など、外的要因も重なり明確な結果が出にくいためですが、釣り人にとっては楽しみが早くなることは、喜ばしいことだと思います。



ASCF2116 (300x212) ASCF2112 (300x211)


ASCF2111 (300x212) ASCF2099 (300x212)


       〜ごみは持ち帰りましょう・迷惑駐車はやめましょう 〜 
                埼玉県漁業協同組合連合会
                電話 0480-53-4211




スポンサーサイト



プロフィール

埼玉県漁業協同組合連合会

Author:埼玉県漁業協同組合連合会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR