FC2ブログ

6月1日に荒川上流、中流、入間川都幾川、槻川などでアユの採捕が解禁になりました


 6月1日は、全国的にアユの解禁が多い日ですが、県内でも荒川上流の秩父漁業協同組合、中流の埼玉中央漁業協同組合、入間川の入間漁業協同組合、都幾川、槻川を主体とした武蔵漁業協同組合でアユの採捕が解禁になりました。(埼玉西部漁協 高麗川周辺は6月15日からになります)

 アユ漁場でいつも話題になるのは天候のこと。気温や雨の多少による川の水温や濁りがアユの成長に影響するからですが、近年では上流にダムのない川はほとんど見られず、天候だけでなくダムの放水量がアユの豊漁・不漁に大きく影響するといわれています。

 県内の漁協ではダム管理者と日頃から情報のやり取りに努めており、漁協とダム管理者とが協力しながら、放水量の調節にあたっています。

 今年も1日で100尾以上を釣った遊漁者もいると聞きます。

 このシーズンは主に友釣りですが、場所によっては順次、毛ばり釣りや投網が解禁されていきます。

 長い期間アユ漁が楽しめるよう願っています。




SC_0022 (600x424)



SC_0026 (600x424)





       〜ごみは持ち帰りましょう・迷惑駐車はやめましょう 〜 
                埼玉県漁業協同組合連合会
                電話 0480-53-4211



スポンサーサイト



プロフィール

埼玉県漁業協同組合連合会

Author:埼玉県漁業協同組合連合会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR