FC2ブログ

入間川流域活動組織が入間川で川耕し予定地等の生物モニタリング調査を行う


 10月11日(水)に、入間川流域活動組織が入間川で川耕し予定地等の生物モニタリング調査を行いました。

 モニタリング調査は底生生物を対象としており、川床の一部(50センチ×50センチ)から石の下にいる川虫などを採集します。

 調査方法として、調査場所はその周辺の環境を代表している場所を選定します。採集器はサーバーネットと呼ばれる50センチ真四角の枠と下流側で底生生物を受けるネットがついている道具を使います。

 調査は、阿須公園地先から始めました。阿須公園地先ではヒルなどが見られ、水生昆虫も小型のものが多く見られました。

 この後、下名栗地区では水生昆虫のヘビトンボが見られ、サワガニやカジカも取れるなど生物量の豊富さが伺えました。

 上流の原市場地区、名栗渓谷でも同様な傾向が見られましたが、今後の川耕しでどんな生物が見られるようになるか楽しみです。

なお、この活動は、水産庁予算である水産多面的機能発揮対策事業の助成を主に、飯能市の予算補助も受けて実施しています。

 漁業協同組合と地域住民等が協力して河川湖沼の環境を守り、魚類を増やすことにより豊かな川づくりを目指しています。


DSCF0582 (600x424)



   〜 ごみは持ち帰りましょう・迷惑駐車はやめましょう 〜 
                埼玉県漁業協同組合連合会
                電話 0480-53-4211



スポンサーサイト
プロフィール

埼玉県漁業協同組合連合会

Author:埼玉県漁業協同組合連合会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR