FC2ブログ

小学生が漁協の指導により烏川(からすがわ)にサケの稚魚を放流

 2月25日利根川の支流、烏川に於いて児玉郡市漁業協同組合主催によるサケの稚魚を放流するイベントが開催されました。
 児玉郡市漁協は、4年前から地元の子供たちに自然とのふれあいを楽しんで頂こうと 小学2年生を対象にサケの受精卵を12月に配布し、翌年2月下旬から3月上旬まで稚魚を大きく育ててもらい放流しております。
 河原に集まった新保原小学校2年生の子供たちは、自然環境調査研究会員 斎藤先生から、利根川に放流して4年位で戻ってくるサケは年々増えている事等 サケの話を聞いたのち、海から戻ることを願いながら放流をしていました。
 今季は、7,000粒のサケの受精卵(福島県産)を用意し、近隣4つの小学校へ配布したところです。児玉郡市漁協は、今回に続き3月1日、3月18日も放流イベントを実施する予定です。

CIMG0057_convert_20120227095754.jpg CIMG0059_convert_20120227095902.jpg
       児童たちが持ち寄ったサケの稚魚             サケの専門家より説明を受ける児童たち
  
CIMG0065_convert_20120227095939.jpg CIMG0068_convert_20120227100032.jpg
       烏川に放流する神保原小の2年生                  放流されたサケの稚魚

1-3ゴミは持ち帰り (600x116)


スポンサーサイト



プロフィール

埼玉県漁業協同組合連合会

Author:埼玉県漁業協同組合連合会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR