FC2ブログ

ワカサギ卵放流始まる


 今年も4月中旬から各地で、ワカサギ卵の放流が始まった。

 埼玉県内のワカサギ釣りは、名栗湖(飯能市)、合角ダム、二瀬ダム、浦山ダム(秩父市)、間瀬湖(本庄市)、円良田湖(寄居町)などの中山間地域の人工口湖が主だが、油井ケ島沼(加須市)、川田谷(川越市)などの平地の沼での釣りも定着してきた。

 今年のワカサギ卵は、例年通り、諏訪湖産の卵を導入している。

 放流は、①粘着性を取り浮遊した発眼卵(発生が進み、目が見えてきた卵)を孵化容器に収容して孵化してきた稚魚を放流する方法と②受精卵がついたシュロ皮を水面に吊り下げて自然孵化させて放流する方法がある。

 ①は効率は良いが、卵の単価が高い、②は卵の単価は安く、数量が確保できるが、孵化までの歩留まりが発眼卵放流よりも劣る特徴がある。

 孵化したワカサギが他のコイ科の魚と大きく異なる点は、孵化してすぐに餌のワムシ(プランクトン)を食べる。ワムシの数が生存率に大きく影響を与える。

 ワカサギ釣りは、冬の釣りで大変需要が多い。埼玉県も、他県産の卵を導入しているが、全国的に供給が安定していない。

 漁業協同組合でも自然産卵による卵の確保の取り組みを始めた。しかし浦山ダムや名栗湖などの人工湖では、水位変動が大きく、付いたワカサギ卵が干出するなどの理由で困難を極めている。

 埼玉県水産研究所と漁業協同組合では、水位変動の少ない荒川下流の彩湖(さいたま市)のワカサギの親を採捕して、採卵・放流を試みた。数量は少なかったが、受精卵を確保でき、放流した。

 この方法が拡大できれば、卵の安定供給に寄与できると思われる。

 さらに、夏場の高水温に耐えられる系統を育種し、養殖ワカサギによる卵供給が可能になれば、ワカサギ釣りはさらに定着できる。




01 梱包された発眼卵 (300x212) 02 シュロ皮についた卵角合ダム湖へ放流 (300x213)
        梱包された発眼卵      シュロ皮についた卵合角ダム湖へ放流



03 円筒形水槽に収容された発眼卵 (300x212) 04 孵化とともに名栗湖へ放流 (300x212)
   円筒形水槽に収容された発眼卵      孵化とともに名栗湖へ放流


       〜ごみは持ち帰りましょう・迷惑駐車はやめましょう 〜 
                埼玉県漁業協同組合連合会
                電話 0480-53-4211







スポンサーサイト



カワウの営巣地の枝切りを実施(荒川)


 4月16日(木)17日(金)、カワウ対策の柱の1つである繁殖抑制対策の「営巣地の巣落とし」が、秩父市大野原の荒川河岸で実施された(秩父漁協)。

 「営巣地の巣落とし」に用いた方法は、樹木の枝切りによる巣落としで、この場所は、今年の2月にも実施した。巣落とし後、約2か月を経ても、約30個以上の巣が増えたため、再度実施した。

 10m以上もある大きなクヌギの木に巣は作られ、1本のクヌギに複数個見られる。

 作業は、巣のあるクヌギに目印を付け、枝を落としていく。切り手は、チェーンソーを腰に下げて、ロープと木登り靴で木に登り、巣のついている枝を切り落とす。

 その後、落ちた枝から巣を回収する。枝切りは、ビルの5階もありそうなところでの危険な作業である。

 カワウの営巣地は、川岸の急峻な崖の下にあり、人が入りにくいところに作られる。今回も、川岸の急峻な崖の下に作ってあったから大変だ。

 崖の上り下りだけで、息が切れる。この中を、秩父漁業協同組合の組合員はもくもくと下り、作業をする。山で育った頑強な体は、びくともしない。敬服するばかりです。

 落とした巣は、30個以上、卵が数個見つかった。ヒナは見つからなかったが、繁殖の抑制はできた。こうした作業をしていくとが、河川漁業を守るために必要になっている。




01 営巣地の巣 (300x212) 02 巣落しの準備 (300x212)
        カワウ営巣地の巣           切り落とした枝の処理


03 枝落としの木登り (300x212) 04 落とされたカワウの巣 (300x213)
        枝落としの木登り             落とされたカワウの巣



       〜ごみは持ち帰りましょう・迷惑駐車はやめましょう 〜 
                埼玉県漁業協同組合連合会
                電話 0480-53-4211






荒川の遡上アユの”くみ上げ放流”始まる


 4月11日(土)、埼玉県漁業協同組合連合会では、今年も東京湾から荒川を遡上する稚アユを採捕し、上流へ放流する「くみ上げ放流」を開始した。

 この取り組みは、天然遡上する稚アユを中上流で有効利用するために始まったもの。

 実際は、地元の埼玉南部漁業協同組合の組合員が、秋ヶ瀬取水堰下流に定置網を仕掛け、遡上稚アユを採捕し、戸田市地先の水揚げ場まで船で運び、県内の漁業協同組合が引き取って、荒川水系の中上河川へ放流する取り組みである。

 この日、採捕された稚アユは約2g、約7,000尾で、初荷は、午前7時に埼玉西武漁業協同組合の活魚車のタンクに収容・運ばれて、待ちわびた漁業協同組合員が坂戸市、飯能市等の高麗川水系へ放流した。

 稚アユの採捕は、5月頃まで行われる。昨年の稚鮎放流は、遡上が少なく、くみ上げ放流ができなかった。採捕を担当する埼玉南部漁業協同組合の江口組合長は、「今年は、3月は天候が荒れて遡上も心配されたが、4月に入り、潮目に合わせて群れが遡上してきた。

 十分期待できそうだ。」と漏らしていた。今年の県内のアユ釣りに期待したい。




01 稚鮎の採捕 (300x212) 02 定置網に入った稚アユ (300x212)
           稚鮎の採捕             定置網に入った稚アユ



03 出荷する稚アユを計量する (300x212) 04 稚アユの輸送(高麗川水系へ放流) (300x213)
    出荷する稚アユを計量する       稚アユの輸送(高麗川水系へ放流)




       〜ごみは持ち帰りましょう・迷惑駐車はやめましょう 〜 
                埼玉県漁業協同組合連合会
                電話 0480-53-4211




プロフィール

埼玉県漁業協同組合連合会

Author:埼玉県漁業協同組合連合会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR