FC2ブログ

2017彩の国食と農林業ドリームフェスタが開催される


 11月11日(土)12日(日)所沢市の航空記念公園に於いて2017彩の国食と農林業ドリームフェスタが開催されました。

 会場には111団体のブースが設営され、今年は天気に恵まれたこともあり、早くからの人出がありました。

 埼玉県漁業協同組合連合会では大型ペットボトルを活用したウィークリー水族館で、埼玉県に生息する19種の魚を展示しました。

 また、カワウ被害の現状を知ってもらうためカワウのはく製(水産研究所提供)を展示しパネルで対策などの啓発を行いました。

 ウィークリー水族館の魚を観察している子供たちに、おさかなクイズを載せたクリアヤーファイルを配布し勉強してもらいましたが、ブースへの子供の来場は400名を超え、全体では2,000名以上がウィークリー水族館を観覧いただきました。

 カワウはく製の展示では、水産研究所が作成した、カワウ捕食量1日分(500g)の魚の実物大写真に、その量の多さに驚く人がたくさん見られました。



DSCF0656 (300x212) P1020293 (300x213)


P1020279 (300x212) P1020283 (300x212)




   〜 ごみは持ち帰りましょう・迷惑駐車はやめましょう 〜 
                埼玉県漁業協同組合連合会
                電話 0480-53-4211



スポンサーサイト

武蔵漁業協同組合がウナギの生息環境を改善するため、石倉増殖籠を都幾川に設置しました


 11月15日(水)に、武蔵漁業協同組合がウナギの生息環境を改善するため、石倉増殖籠を都幾川に設置しました。

 この事業は水産庁の鰻生息環境改善事業によって行われたもので、世界的に減少が言われている鰻を河川で保護増殖するための試験的な事業で、県内では入間漁業協同組合(入間川)に次いで2例目になります。

 当日は、設置に先立ち 九州大学の望岡先生から、ウナギを取り巻く現状とこの事業の意義が説明されました。

 設置作業には武蔵漁協の組合員、埼玉県水産研究所と全国内水面漁業協同組合連合会の職員、望岡先生、また、石倉籠の開発を行った技術者や工事担当者など約20名で石倉設置作業を行いました。

 作業はポリエステルでできた亀甲網製の石倉籠(縦横1m、高さ0.5m)に30㎝大の石を人力で詰めることから始まりました。

 石倉は10基製作して重機を使って水中に設置し、途中に細かい網を周囲に設置したモニタリング用の石倉を3基配置しました。



DSCF0702 (300x212) DSCF0710 (300x212)


P1020341 (300x212) P1020305 (300x213)






   〜 ごみは持ち帰りましょう・迷惑駐車はやめましょう 〜 
                埼玉県漁業協同組合連合会
                電話 0480-53-4211



高麗川流域活動組織が魚類など生物の生息環境を改善するため、石倉籠を高麗川に設置


 11月13日に、高麗川流域活動組織が魚類など生物の生息環境を改善するため、石倉籠を高麗川に設置しました。

 石倉籠はポリエステルでできた亀甲網製(縦・横1m、高さ0.5m)で、20~30センチの石を詰めて設置します。

 設置作業には西部漁協の組合員を中心とした高麗川流域活動組織の会員と、埼玉県水産研究所職員、県漁連など約20名が取り組みました。

 作業は河原から石倉に詰める石を集めることから始めました。適当な大きさの石を選ぶ必要から数か所に石を集め積み上げ、必要量が集まった時点で石倉籠に石を人力で詰めました。

 石倉は10基製作して重機を使って水中に設置し、うち3基はモニタリング用に取り上げ時に網がかぶせるように工夫されています。

 モニタリングは来月を予定していますが、どんな魚が入るか楽しみです。

 なお、この活動は、水産庁予算である水産多面的機能発揮対策事業の助成を主に、日高市の予算補助も受けて実施しています。
漁業協同組合と地域住民等が協力して河川湖沼の環境を守り、魚類を増やすことにより豊かな川づくりを目指しています。



DSCF0665 (300x213) DSCF0663 (300x212)


DSCF0680 (300x213) DSCF0689 (300x212)





   〜 ごみは持ち帰りましょう・迷惑駐車はやめましょう 〜 
                埼玉県漁業協同組合連合会
                電話 0480-53-4211




高麗川流域活動組織が高麗川で川耕しの予定地等の生物モニタリング調査を行う


 11月6日(月)に、高麗川流域活動組織が高麗川で川耕しの予定地等の生物モニタリング調査を行いました。

 モニタリング調査は底生生物を対象としており、川床の一部(50センチ×50センチ)から石の下にいる川虫などを採集します。

 調査方法として、調査場所はその周辺の環境を代表している場所を選定します。採集器はサーバーネットと呼ばれる50センチ真四角の枠と下流側で底生生物を受けるネットがついている道具を使います。

 調査に先立ち、現場は10月の台風による増水で河床がかなり洗われ、地形も変化しているため、底生生物はいないのではとの懸念がありました。

 調査は、横手地区から始めましたが、やはり石の表面はきれいに洗われており、底生生物も少なかったですが、小型の水生昆虫は生息していました。

 ほかの地区でも同様の結果でしたが、今後、川耕しを行いながら対象区との底生生物量の変化を長期にわたりモニタリングしていくことが重要と考えられました。

 なお、この活動は、水産庁予算である水産多面的機能発揮対策事業の助成を主に、日高市の予算補助も受けて実施しています。

 漁業協同組合と地域住民等が協力して河川湖沼の環境を守り、魚類を増やすことにより豊かな川づくりを目指しています。


032 (600x424)

034 (600x423)




   〜 ごみは持ち帰りましょう・迷惑駐車はやめましょう 〜 
                埼玉県漁業協同組合連合会
                電話 0480-53-4211




「第40回埼玉県養殖魚まつり」が開催


 11月3日(金)に、加須市の水産流通センターで埼玉県養殖漁業協同組合・埼玉県食用魚生産組合・埼玉県養鱒協会の主催で「第40回埼玉県養殖魚まつり」が開催されました。

 この催しでは、養殖漁業協同組合の「第50回埼玉県観賞魚品評会」が行われ、県内で生産され金魚、錦鯉、メダカなどの品評会と即売が行われました。

 また、食用魚ではホンモロコやナマズのてんぷらや甘露煮等、イワナの塩焼きなど地域の特産品が販売されました。

 当日の来客数は1万4千人と非常な賑わいがありました。

 埼玉県漁業協同組合連合会では、水産研究所の「何でも相談コーナー」の一角をお借りして、カワウの被害の現状を啓発しました。

 カワウのはく製(水産研究所提供)と1日の捕食量など被害を示す資料を展示しました。

 養殖農家にとってはまさに害鳥の代表であり、訪れる人は魚の愛好家が多いことから、池で大事な錦鯉や金魚を取られて困っているなど、苦情に似た様々な相談や情報がたくさんありました。


DSCF0621 (300x211) DSC_1022 (300x212)


DSC_1039 (300x212) DSCF0624 (300x213)



   〜 ごみは持ち帰りましょう・迷惑駐車はやめましょう 〜 
                埼玉県漁業協同組合連合会
                電話 0480-53-4211



「みんなで遊ぼうフィッシング祭り2017」に出展


 11月5日(日)に、越谷市のしらこばと水上公園で日本釣振興会埼玉県支部主管の「みんなで遊ぼうフィッシング祭り2017」が開催されました。

 この催しは、公園緑地協会、国交省、水産庁、埼玉県など多くの団体が共催しています。

 共催者の一員である埼玉県漁業協同組合連合会では、埼玉県水産研究所などの協力を得て大型ペットボトルを活用した「埼玉県に生息する魚の展示(ウィークリー水族館)」と「金魚すくいとメダカすくい」を行いました。

 会場全体は釣りの一大イベントとして、マスのエサ釣りコーナーやルアー・フライ釣り、また初心者向けの金魚釣りコーナーなど多彩な催しがありますが、小さなお子さんが楽しめる金魚すくい・メダカすくいコーナーも盛況でした。

 毎年、金魚すくいに混じって入っている川魚や川エビを狙ってすくう子が多く見られるため、今年も川魚と川エビをたくさん放したところ、やはり人気が集まっていました。

 また、入間漁業協同組合の協力を得て行ったアユとヤマメの炭火焼きコーナーも盛況で、午後早くには品切れになってしまいました。
当日はお天気も良かったのですが、昨年より若干少ない13、681人(主催者発表)の来場者がありました。


DSCF0637 (300x212) P1020271 (300x212)


DSCF0635 (300x213) DSCF0648 (300x212)





   〜 ごみは持ち帰りましょう・迷惑駐車はやめましょう 〜 
                埼玉県漁業協同組合連合会
                電話 0480-53-4211



プロフィール

埼玉県漁業協同組合連合会

Author:埼玉県漁業協同組合連合会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR