FC2ブログ

埼玉県の3つ活動組織が石倉のモニタリングを行いました


 9月30日(水)に入間川流域地区活動組織、10月14日(水)に神流川かわせみの会活動組織、10月17日(土)に高麗川流域地区活動組織と県内の3地域の活動組織が石倉のモニタリングを行いました。

 モニタリングは、川に生息する魚の増殖状況の調査と先日の豪雨で大水が出たため一部埋まってしまった石倉の掘り起こしや、石倉の清掃を行い再度きれいにした石倉を設置しました。

 この活動は、平成26年度に続き平成27年度も水産庁予算である水産多面的機能発揮対策事業の助成を受け実施しており、漁業協同組合と地域住民等が協力して河川湖沼の魚類を増やすことにより豊かな川づくりを目指しています



入間川流域地区活動組織(入間漁業協同組合が主体)
入間川1 入間川2
大水で堆積した石倉の周りの石を取り除き、ユニックで引き上げました。


神流川かわせみの会活動組織(児玉郡市漁業協同組合が主体)
神流川1 神流川2
完全に埋まってしまった石倉を掘り起こし、きれいにして再度設置しました


高麗川流域地区活動組織(埼玉西部漁業協同組合が主体)
高麗川1 高麗川2
堆積土砂が少なかったのでユンボで引き上げ魚類調査をしました。



漁連1


スポンサーサイト

高麗川および入間川流域地区活動組織が設置した石倉のモニタリングを行う


 9月26日(土)に高麗川流域地区活動組織(埼玉西部漁業協同組合が主体)が高麗川 横手地区で、9月30日(水)に入間川流域地区活動組織(入間漁業協同組合が主体)が入間川 新豊水橋上流にて以前に設置した石倉のモニタリングを行いました。

 9月上旬の豪雨により大増水したため石倉の埋没が心配されましたが、少々埋まっただけで済み石倉の働き確認できました。結果はナマズ、ギバチなどの住み家となっていましたが、残念ながらウナギは見つかりませんでした。

 観測後、石倉を清掃し、再び同場所に設置して今後の生息を観察することにしました。

 この活動は、平成26年度に続き平成27年度も水産庁予算である水産多面的機能発揮対策事業の助成を受け実施しており、漁業協同組合と地域住民等が協力して河川湖沼の魚類を増やすことにより豊かな川づくりを目指しています


21 組織
01 石倉 11 石倉
22 掘り起し


02 確認 12 確認
23 調査


03 全員 13 全員
24 団体




漁連1




プロフィール

埼玉県漁業協同組合連合会

Author:埼玉県漁業協同組合連合会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR