FC2ブログ

都幾川流域地区活動組織が魚類増殖・保護のための石倉設置と川耕しを行う


 平成27年5月25日(月)から29日(金)5日間かけて 都幾川流域地区活動組織(埼玉県 武蔵漁業協同組合が主体)が魚類資源増殖のため石倉の設置と川耕し(かわたがやし)を行いました。

 石倉は魚類の越冬場所の確保が主な設置目的ですが、カワウ等の食害から身を守るための隠れ家として年間を通して魚類の安住の場所になります。
 また、川耕しは土砂に埋もれた石や砂利を掘り起こす作業であり、魚類の貴重な餌である水生昆虫の増殖に繋がる他、ウグイ等が産卵しやすい場所を提供することになります。

 この活動は、平成26年度に続き平成27年度も水産庁予算である水産多面的機能発揮対策事業の助成を受け実施しており、漁業協同組合と地域住民等が協力して河川湖沼の魚類を増やすことにより豊かな川づくりを目指しています。



01 部品作り 02 石の詰め込み
11 石倉作り


03 一部完了 04 全員写真
12 石倉設置


05 採取して記録 06 川耕し
13 川耕し



漁連1




  コンビニ販売遊漁券商品番号







スポンサーサイト

高麗川流域地区活動組織が魚類増殖・保護のための石倉を設置


 平成27年5月23日(土)高麗川流域地区活動組織(埼玉西部漁業協同組合が主体)が魚類資源増殖のため石倉の設置を行いました。後日川耕し(かわたがやし)を行う予定です。

 石倉は魚類の越冬場所の確保が主な設置目的ですが、カワウ等の食害から身を守るための隠れ家として年間を通して魚類の安住の場所になります。
 また、川耕しは土砂に埋もれた石や砂利を掘り起こす作業であり、魚類の貴重な餌である水生昆虫の増殖に繋がる他、ウグイ等が産卵しやすい場所を提供することになります。

 この活動は、平成26年度に続き平成27年度も水産庁予算である水産多面的機能発揮対策事業の助成を受け実施しており、漁業協同組合と地域住民等が協力して河川湖沼の魚類を増やすことにより豊かな川づくりを目指しています。




01 石集め 02 石倉作り
2 石倉製作


03 出来た石倉 04 川へ運ぶ
12 石倉の移動


05 川へ設置 06 全員写真
13 石倉設置



漁連1






神流川かわせみの会活動組織が魚類増殖・保護のための石倉設置と川耕しを行う


 平成27年5月16日(土)神流川かわせみの会活動組織(児玉郡市漁業協同組合が主体)が魚類資源増殖のため石倉の設置と川耕し(かわたがやし)を行いました。

 石倉は魚類の越冬場所の確保が主な設置目的ですが、カワウ等の食害から身を守るための隠れ家として年間を通して魚類の安住の場所になります。
 また、川耕しは土砂に埋もれた石や砂利を掘り起こす作業であり、魚類の貴重な餌である水生昆虫の増殖に繋がる他、ウグイ等が産卵しやすい場所を提供することになります。

 この活動は、平成26年度に続き平成27年度も水産庁予算である水産多面的機能発揮対策事業の助成を受け実施しており、漁業協同組合と地域住民等が協力して河川湖沼の魚類を増やすことにより豊かな川づくりを目指しています。



01 石倉作り 02 石倉設置
11 石倉設置


03 出来上がり 04 モニタリング
12 設置とモニタリング


05 魚の確認 06 全員記念撮影
13 全員写真


07 事前の生物確認 08 川耕し
14 川耕し


漁連1







もうすぐ埼玉県内のアユが解禁!!


  今年も埼玉県内のアユ解禁が近づきました!

 アユの放流量、遊漁券費用などの情報を下記に示します。



01 あゆ (600x225)
02 あゆ (600x263)
03 あゆ (600x205)



漁連1



武蔵漁業協同組合がときがわ町観光協会とファミリー釣り交流会を開催


 平成27年5月10日(日)に武蔵漁業協同組合は、ときがわ町観光協会との共催により都幾川上流の”木のむらキャンプ場”に於いてファミリー釣り交流会を開催しました。

 釣り用には、ニジマス2,000尾(25cm前後)とヤマメ1,500尾(20cm前後)を場所を分けて放流しました。

 当日はお天気も良く、ファミリー約200人参加し、大物賞、抽選会、売店(幕の内弁当、お茶、アユの塩焼き、まんじゅう、赤飯、チヂミを販売)などのイベントを楽しんでいました。



01 放流したニジマス 02 集まった釣り人
11 放流魚


03 女性太公望も参加 04 武蔵漁協の売店
12 太公望



漁連1





入間漁業協同組合が造成したウグイの産卵床で産卵を確認


 入間漁業協同組合が入間川上流の名栗地区に於いてウグイ(ハヤ)のマヤ(産卵床)を造成したところ、早速ウグイが産卵を始めたところを確認した。

 入間漁業協同組合では、毎年4月頃にウグイ産卵用のマヤを数か所設置し、ウグイの自然産卵を促しています。
 設置後は毎日状況確認の調査を行い漁協組合員の努力がみのり、今年も産卵に成功しウグイの繁殖に寄与しました。
 産卵場所には、”禁漁”の立て看板などを設置し、釣り人の協力を仰いでいました。


01 造成中 02 上から見たウグイの集団
11 ウグイ


03 集まったウグイ 04 産卵中のウグイ
12 ウグイ


05 産卵した卵 06 禁漁看板
13 ウグイ



漁連1






プロフィール

埼玉県漁業協同組合連合会

Author:埼玉県漁業協同組合連合会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR